蓄電装置・スマートハウス

スポンサードリンク

蓄電装置・スマートハウス

蓄電装置・スマートハウスは住宅に蓄電装置を設置し、太陽光や風力発電から発電した電力を溜め込んだり、夜間電力を蓄電し昼間使ったりする住宅をスマートハウスといいます。環境にもやさしく、節電の現代社会においては今後スマートハウスが今後標準になって行くでしょう。

蓄電装置,スマートハウス,節電,発電,蓄電

●スマートハウスとは
スマートハウスとは、電力をデンマンド装置などで監視し効率よく運用することができる住宅で発電、節電、蓄電といった電力の3種の神器を使いこなせるシステム住宅です。

よく企業では「見える化」といいますが、スマートハウスは「電気の見える化」です。

東日本大震災により日本の電力事情が逼迫しているなかで発電や節電を企業、個人とも考慮しなければなりません。

以外と電気ってムダに使っていることが多いので電気の見える化によって節電がいっそう進みます。

スマートハウスが普及することによって使用電力を大きく節電し安定した電力供給が可能となります。

また発電、節電、蓄電でCO2の排出も抑えられることによって環境配慮型住宅とも言われており、CO2削減にも貢献できるのがスマートハウスの特徴です。

HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)という言葉をよく最近耳にしますが、このシステムを導入した家をスマートハウスと呼んでもいいでしょう。

●蓄電装置とスマートハウス

スマートハウスを実現するにあたり必要不可欠なのが蓄電装置やソーラーパネル(太陽光発電)です。

蓄電装置とは中に大容量の電池が内蔵しており、電力を蓄積し必要なときに使用することができる装置です。
昔から屋根の上に太陽光発電パネルが設置されている住宅は多く見られましたが、この太陽光発電パネルのほとんどが売電用のパネルになります。

太陽光によって発電された電力は全て電力会社に買い取ってもらえるので家計にやさしい感じもしますが、停電など起きた場合、発電できるのに使用できないので災害などの有事の場合利用できないのが残念な点です。

しかし蓄電装置を設置することによって発電した電力を蓄えることができ、有事の際にはそれを非常用電源にできるのが魅力的です。

スマートハウスというと太陽光発電や風力発電などの装置を設置されたイメージがありますが、蓄電装置だけ設置した住宅でも十分にスマートハウスといえます。

蓄電装置にはいろいろ種類がありますが、近年出されている装置は夜間安い電力を利用し蓄電し、昼間の電力が高いときに使用したり、電力のピークカット時に利用することによって
節電に大きく貢献できます。

しかも夜間電力を蓄電し昼間使うことになるので電気代はおよそ1/3になります。

蓄電装置や蓄電システムは国からの助成金もでることから住宅メーカーはこのスマートハウスもお勧めにして取り組んでいます。
太陽光発電だと寒冷地や天候の悪い地域では発電量も不安定になりがちで、太陽光発電の買取金額も今後は安くなることが懸念されていますが、蓄電装置の場合、確実に安い電力を利用することができるのでメリットは大きいでしょう。
 
またEV(電気自動車)の普及でEVと接続することで家の電力を賄う取り組みも住宅メーカーとハウスメーカーで行われています。
スポンサードリンク

蓄電装置,スマートハウス,節電,発電,蓄電


●大手住宅メーカーのスマートハウスの特徴


住宅メーカー 商品名 特徴
積水ハウス グリーンファースト 燃料電池を主としたグリーンファーストハイブリッド、リチウム電池を主としたグリーンファーストLiB、EVとの連携を主としたグリーンファーストV2Hと3種類のスマートハウス(蓄電システム)を提供。
大和ハウス スマ・エコハウス
SMA×Eco HOUSE
オリジナルエネルギーマネジメントシステム「D-HEMS」で電気の見える化を実現。
電気を「創る」、「貯める」、「使う」を個人宅でも導入できます。
積水ハイム スマートハイム 大容量ソーラーパネルで発電、e-Pocket蓄電池で蓄電、スマートハイムナビで省エネというシステムが売り
ミサワホーム ミサワホームのスマートハウス 先進技術を採用しエネルギー利用を効率化するハードウエア、太陽や風を利用した微季候デザインを取り入れたソフトウエア、IT技術で人とハード・ソフトと家族をつなぐヒューマンウエアをコンセプトの「MISAWA ENERGY DESIGN」
パナホーム Smart PanaHome 家電メーカーならではの創る・蓄える・使う”技術で「スマートHEMS」で電気を見える化して快適な暮らしを提供。家電メーカーなら家電のとの連携がかなり期待。
トヨタホーム FEEL!SMARTHOUSE トヨタの先進技術でエネルギーを「見える化」し節電に貢献。HEMSや車との連携が強みの独自スタイル。さすが車メーカー。
基本的にどのハウスメーカーのスマートハウスはソーラーパネルの太陽光発電、リチウム蓄電装置で蓄電、スマートフォンで見える化&操作が基本です。
あとは価格や機能をどう評価するかです。例えば太陽光パネルなら効率何%の発電量なのか?蓄電装置なら何キロワット蓄電装置なのか?そのあたりを重視すると良いでしょう。

●スマートハウスのメリットとデメリット


スマートハウスのメリットはやはり高い節電能力です。発電したり、蓄電したりしますので季節によっては電気代がかからないこともあります。

当然、CO2の排出も少なくなりますので世界的な環境問題の世の中に貢献できることでしょう。
スマートハウスは地球に優しいのです。

また非常時には蓄電装置があるので電気というライフラインはある程度確保されます。

デメリットとしてはやはり初期投資でしょう。太陽光発電パネルに蓄電装置。これだけでも500万はかかってしまい、初期投資を回収するのに10年以上かかってしまいます。

しかしながら年々、太陽光発電や風力発電は発電力がアップしていますし、蓄電装置も鉛電池からリチウム電池といった優れたものが開発されています。
 
ボーイングでリチウム電池が問題視されましたが、リチウム電池なしでは蓄電装置は語れません。
値段の安い蓄電装置は大体が鉛電池を採用したものか海外製品の蓄電装置になります。
スポンサードリンク
鉛電池だと劣化が早いので長いスパンを考えるとリチウム電池が有望ですが、安い海外製(中国製)のものは不安があります。海外製の蓄電装置の場合、ちゃんと日本の規格にマッチしているか?安全性はどうなのか必ず確認して購入しましょう。

また日本においては発電、節電、蓄電に関してはこれからどんどん助成金を出していくことになるので初期投資を少なくできるようになるでしょう。