住宅建築費の価格交渉

スポンサードリンク

住宅建築費の価格交渉

住宅建築は誰もが夢見る一生に一回の大きな買い物です。長いローンを組むのですからその一回を失敗するわけにはいきません。

住宅建設を予算内に収めることは難しいことかもしれません。業界事情に詳しい人とそうでない人では同じものでも数百万円の差がつくのが住宅建築費の価格交渉です。

しかし安くさせればいいというものでは決してありません。

妥当な価格を見極めるのが失敗しない住宅建設費の交渉術です。

●適正な住宅建築の価格

住宅,建築費,価格,予算,交渉

建設業界は現在非常に厳しい経済の中、必死で運営しています。大きな工事から小さな工事までできるだけ受注したがっています。

そういう意味では住宅建築の買い手が有利な状態と言えます。

しかし住宅建築の価格は安ければいいというものではありません。

全く同じ家を例えば300万で安く買ったとします。見た目や間取りが全く同じなのに300万も安く買えたなんて喜ぶようでは間違いです。

見た目が同じなのに300万安いのは明らかに中身が違います。

つまり住宅建築の材料や見えない部分で300万は安いものになっています。住宅建設ではよくあることです。

例えば使用している断熱材が安いものになっているとか見えない構造が違う材料で作られている、など明らかにランクダウンしています。
安ければいいというものでは絶対にありません。

●価格交渉のコツや注意点

建築費の交渉の大事なことは無理難題は言わないことです。2000万円のものを「1000万円にしろ!」など採算度外視した意見は相手のやる気を失わせます。

また価格交渉では社会背景や経済状況も大事です。例えば消費税アップのタイミングや材料が高騰しているときはハウスメーカーも強気です。強気というか赤字にしてまで引き受けるハウスメーカーはありません。
一番いいのはハウスメーカーの一番暇な時に建てるのがコスト的にも品質的にもいいです。
ハウスメーカーも作業者を遊ばせているわけにはいかないので、こういうタイミングでの施工は非常に歓迎されコストダウン交渉もしやすいのが一般的です。

私のしたことを申し上げますと、先ずは自分の希望マックスの理想の家のプランを話をして、3社ほど見積もりを取りました。いわゆる相見積もりです。

相見積もりと言えば建築業者も最初から頑張ってきます。

出揃った時点でかなりの予算オーバーだったので、「これはいらない、これは変更」と削って、再見積もりしました。

これで一番高い業者と安い業者との差は500万円もついていましたので、一番安い業者に決めました。

この時点で予算より安くなっていましたのでここからの価格交渉は行わず、契約しました。

ここから価格交渉をすると唯でさえ相見積もりに勝つためにコストを落としたのに更にここから安くすると自分の希望のつくりにならない手抜き工事になる恐れがあります。

●コストの抑えすぎ
スポンサードリンク
自分たちでこだわりの注文住宅を建てたいと思って全面的に自分たちで希望を建築家や設計メーカーなどに伝えるという人もいるのですが、いい建築家や設計メーカーなどに当たった場合には、値段を抑え過ぎている場合には、コストを抑え過ぎですよとアドバイスしてくれます。
 
あまり何も介入せずに、お客さんの言ったとおりに建てるような住宅メーカーの場合にはそのままの値段でコストを抑えているので出来上がりが少し変になることもあるかも知れません。
コストを少しでも抑えたいと思っている人はどこなら抑えられるのかということなどもしっかりと情報収集して設計メーカーや建築家、ハウスメーカーなどと話をしてから決めた方がいいでしょう。

注文住宅の値段を少しでも抑えたいと思っている人の場合には、たとえば材料などを廃材を利用したり、安い値段で仕入れたり、また廃番になっているような壁紙などを利用すれば安い値段で押さえることも可能ですが、その場合には価格を抑える場所と、ケチらない場所とをしっかりと決めたうえで行わなくては後で建ってみてからおかしな家になっているということにならないように注意する必要があります。

●安く仕上げるコツ


壁紙一つにしても色々なものがあり値段が安いものから高いものまで様々です。
注文住宅の値段を抑えたいのであれば、壁紙にこだわらず安いものを使うというのもいいと思います。

またトイレの便器やお風呂なども、大手のハウスメーカーが発売していて、今は廃番になっているとか、小売業者が在庫を抱えているものなどもありますから、そちらを上手にさしてきた場合には、安い値段で押さえることができると思います。いわゆる在庫処分価格ですね。

あとは材料支給も効果的です。例えばエコキュートをつけたいのであれば先ずは見積に入れてもらいます。見積にて高いと思ったら交渉してみましょう。希望金額に沿わなければインターネットなどで安いものを買って支給するので取り付けだけお願いというふうにしても安くできますよ。


注文住宅の値段を抑えたいと思っているなら、いろいろと調べたり、探すことが大切なポイントになってきます。

あとは設計段階で素直に安く仕上げる提案をさせることです。
お客さんの意見だけでなく、施工方法などハウスメーカーが得意な方向に持っていくと安く、品質が高いものが出来上がります。ハウスメーカーの長所も考慮した上でよく相談すること。拘りも必要ですがある程度の妥協も必要です。

●工事の視察

住宅,建築費,価格,予算,交渉

最初の見積もりと比べて中身を全くレベルダウンしないで半額になったとします。それは明らかに手抜き工事なります。住宅建築の価格交渉はやり過ぎると欠陥住宅建設のきっかけになります。物事には限界がありますので価格交渉は程ほどに抑えなければなりません。

見積はできるだけ細かく内訳を書いてもらいましょう。住宅メーカーも赤字を出すわけにはいきません。赤字になるような価格の場合、明らかに材料費を落とします。住宅メーカーによりますが精々2,3割引きが限界と思ったほうが良いでしょう。

そして工事が着工したならば2日に一回は観に行くことが大事です。手抜き工事をさせる隙を与えないことが大事です。材料もこと細かくメモを取るなり、写真を撮るなりしたほうがいいです。その場合、誰もいないときではなく、大工さんがいる時に堂々と行いましょう。

床下や屋根裏も必ずチェックするようにしてメジャーなども持って頻繁に顔を出すようにすることが大事です。

またそれだけでは嫌な印象を与えますので現場に作業している方にドリンクの一つも差し入れも忘れないように。最後は人間関係があらゆるところで決め手になります。

うるさい施主だけども気が効くとなればそれなりの愛情を持って施工してくれます。「あなた方はプロだから信頼してます」の一言が相手の職人魂を動かす一言ですのでさり気ない会話の中で伝えるように心掛けましょう。

スポンサードリンク