瓦の種類について

スポンサードリンク

瓦の種類について

●陶器瓦

瓦の種類についてですが、瓦と一言でいっても色々な種類があります。
まず紹介するのが陶器瓦と呼ばれる種類です。陶器瓦は粘土瓦の一つですが、粘土を河原の形にして作って、そのうえにうわ薬をつけて、窯で焼いた瓦のことをいいます。特徴としては河原の表面のうわ薬がガラスのような素材ですから、水が入りにくいので、長期間使い続けても、綺麗なままでメンテナンスをしなくてもいいというメリットがあります。
形は色々な形がるのですが、家の形に合わせて選ぶことができます。
うわ薬を変えれば、色をつけたり艶を出すことなどもでき、製造会社によっては50色以上も色を選ぶことが可能です。

 

●いぶし瓦

次にいぶし瓦と呼ばれる種類があります。
陶器瓦と同じで粘土瓦の種類の一つナノですが、陶器瓦と焼き方が違っています。粘土を瓦の形に作ってからは、うわ薬をつけず、何もつけない状態で窯の中で焼成します。

 

そしてその後むし焼きをするのですが、燻製にするというような感じで瓦の表面には炭素膜をつくって、完成品の瓦は、表にも裏にも、銀色をしている瓦が作られます。

 

陶器瓦と同じでいぶし瓦も色々な形があって、家の形によって選ぶことができます。
日本の昔ながらの建築やお城、お寺などの屋根によくつかわれているのはいぶし瓦です。
表面の炭素膜が長期間使用しているとはがれてくることがあり、色は変わっていきますし、水もしみこみやすいので、特に塩を含んでいるような水の場合には、塩害被害にありますし、寒くて凍害になることもある瓦の特徴があります。

 

●セメント瓦

そしてセメント瓦という種類に就いて紹介します。セメント瓦は分厚くてストレートでコンクリート瓦とも言われているのですが、セメントを使って作られています。
表面は塗装して作られています。昔は和形のものを作ることが多かったといわれていますが今は洋形のものの方が作られる数は多いといわれています。

 

 

塗料で色をつけますから、いろいろな色にすることが出来るので、家の壁やデザインに合わせて色を選べるという特徴がありますが、長期的に使用した場合には色がはげてきたりしますからメンテナンスとして塗り替えは必要です。

 

●スレート瓦

そして瓦の種類としてスレートと呼ばれる種類があります。
こちらは天然と人造があるのですが、人造の方がいま普及している数は多いといわれています。
少し前まではアスベストを使って作られているのですが人体被害や健康被害などから、今は無石綿製のものになっています。

 

スポンサードリンク