庭の土壌改良

スポンサードリンク

庭の土壌改良

庭,土壌改良,方法,土

庭の土壌改良で一番簡単な方法としては庭に傾斜をつけてみるといいと思います。庭に傾斜をつけてると土壌が変わるといわれています。

 

たとえば芝生を植えているという場合などでも今ある庭の土に5%の勾配をつけて山の砂を10センチくらい入れてみましょう。本当は可能ならば30センチほど入れるのが一番いいといわれていますが無理な場合には10センチくらいでも十分に可能です。

 

その後は直接堀鉾して腐敗土を混ぜてみたり、パーライトを混ぜてみるという方法があります。

 

 

●庭の土壌改良方法

 

庭の土壌改良に土の入れ替えができれば一番いうことはありませんが、土の入れ替えというのはとても大変な作業ですから、その場合に傾斜をつける以外の方法としては、まず山に落葉樹の生えている場所へ行ってたくさん落ち葉を拾ってきます。

 

落ち葉を拾ったら袋に入れて持って帰って、庭の土をちょっとだけ掘っていきます。

 

掘り下げた部分に拾ってきた落ち葉を敷き詰めましょう。
そして10センチ敷き詰めたら水をかけて、そしてさらに積み上げます。
落ち葉の積み上げる量が多ければ多いほど土壌改良につながるといわれています。

 

そして上から水を流して、そのうえにビニールシートをかけて覆っておきます。

 

この方法で庭の土壌改良を行う場合には夏から秋ごろが一番いいタイミングといわれています。

 

 

●その他の方法

 

例えば庭の土壌が粘土質だった場合の土壌改良の場合には、牛糞を使うといいといわれています。

 

そうすると完熟したところで土になって庭の土壌改良につながりますし、いいといわれています。

 

またモミガラを使うというのも一つの方法で、モミガラは空気の流れと水はけを良くする効果がありますから土壌改良にはいいのです。
他にもくん炭も微生物がそのくん炭に住むことになり、庭の土壌改良にもつながります。

 

このように色々な方法で庭の土壌改良をすることができますが、どの方法で行うのかということは今の庭の土壌の状態がどんな感じなのかということをまずは確かめてからにした方がいいでしょう。
それに合わせて庭の土壌改良の方法も使う材料なども変わってきます。

 

スポンサードリンク