住宅塩害の特徴

スポンサードリンク

住宅塩害の特徴

住宅に関する塩害の特徴について調べてみました。鉄筋コンクリートにすれば大丈夫かというとそうでもありません。海の近くに建てる住宅は塩害の特徴を把握して建てるように注意しましょう。

●素敵な風景と引き換えの塩害

住宅,塩害,特徴,鉄筋,コンクリート

住宅の塩害というのをご存知でしょうか?海のそばで暮している人にとっては避けて通れないことです。

海のそばで暮すというのはとても素敵なことなのですが、その素敵なことと隣り合わせで塩害は誰もが経験しなければいけないこととされています。

たとえば住宅の塩害にはどのような特徴があるのかというと、海岸線の近くにある住宅などは海からくる塩を含んでいる潮風が当たります。

また雨にも潮風が含まれてしまいます。これが長い間住宅にかかることで、侵食につながり、普通の塩害にならない地域と比べてみると、鉄などがさびやすかったり金属がさびやすい状況になるというのが特徴です

●塩害を考慮した家作り

塩害が起きる住宅というのは海岸線から8キロ以上離れているところでも、起きると言われているのですが、だいたいは2キロ範囲内が塩害が起きやすい場所とされています。
塩害が起きると言われている地域に住宅があるという場合には、配慮するために特徴を抑えて住宅メーカーなども家を建てています。
塩害の被害にあった場合でも、特徴として塩害に耐えられる家づくりをしているハウスメーカーがほとんどです。施工上普通の場所との違い、塩害の特徴を理解したうえで建てられています。

●塩害の特徴

例えば住宅の塩害の特徴としては、鉄筋コンクリートが塩害の被害を受けた場合にはコンクリートに侵食してしまった塩分の中にある成分の塩化物イオンが鉄筋を腐食させてしまいます。
 
この腐食に伴って膨張し始めてしまい鉄筋が膨張することでコンクリートそのものに引っ張る力が働きますからコンクリートがひび割れる可能性もあります。
 
他にもひどい場合にはコンクリートがはがれおちるという特徴もあります。鉄筋コンクリートだからって油断ができません。
スポンサードリンク
他にも住宅の塩害の特徴としては家やビルの場合には鉄の柵があるという場合には錆びてしまいますし、テレビのアンテナにおいても、さびるというケースが多いと言われています。

特徴をよく踏まえたうえで塩害地域で家を建てるという場合にはそれなりに対策を立てる必要がありますが個人で対策をたてるというよりも、住宅メーカーや建築施工会社による対策ということになります。

関連記事→住宅塩害の対策

スポンサードリンク