住宅の吹き抜けのメリット・デメリット

スポンサードリンク

住宅の吹き抜けのメリット・デメリット

●吹き抜けのメリット

吹き抜け,メリット,暖房,窓,デメリット,寒い

吹き抜けのメリットについてですが、やはり吹き抜けであるということは天井が高くなっていますから、空間が広く感じられてかなりの開放感を感じることができるというメリットがまず一つ目にあります。家が大きく感じられるってのはいいことですよね。
そして天窓などを設置すれば自然の光も取り入れやすくなりますから、部屋や家全体が明るい印象を受けるというメリットもあります。

2階にある吹き抜けの部分というのは、容積率を計算する上で、延べ床面積に入れる必要がないというメリットもあります。

構造的なメリットのほかに家族のコミュニケーションがとりやすいというメリットもあります。吹き抜けがない住宅の場合、1階と2階で完全に区切られます。吹き抜けがある場合1階と2階とがつながっている感じがあり声をかければ2階に家族がいても声が通るのでコミュニケーションがよくとれます。空間的にも家庭環境的にも明るいマイホームが築けるのが吹き抜けの一番のメリットではないでしょうか。

これらが吹き抜けのメリットですが、では一応デメリットについても確認しておきましょう。

●吹き抜けのデメリット

吹き抜けのデメリットは、やはり空気の流れが広いことで止まってしまいますから暖房がききずらく「寒い」と感じたり、冷房がききにくいといったような空気の流れが悪いということがあげられます。

確かに冬、暖房をつければ暖かい空気は吹き抜けから2階に上がり滞留しますので「寒い」と感じることもあるでしょう。

しかしこれはシーリングファンなどを取り付ければ解消できるデメリットです。

他にも吹き抜けのデメリットとしては、メンテナンスや手入れが大変だということがあります。

天井が通常よりも高い場所にありますから掃除や手入れがやはり底辺ですね。

窓や照明を掃除する場合には脚立では届きませんからついつい手入れがおろそかになってしまう可能性もあります。


照明は自動昇降機能を使えば解消できますが窓の掃除などは最初から結露が付きにくいような窓にするといいでしょう。

空気の流れが悪いことで冷暖房がききにくいデメリットがありますが、その場合、暖房機具システムについても設計の段階で考えておくと解消できます。

このように吹き抜けにはいろいろなメリットもデメリットもありますが、デメリットについては十分に解消できる範囲内ですから設計の段階や建築段階で十分カバーすることができます。

スポンサードリンク