火災保険の安い住宅構造

スポンサードリンク

火災保険の安い住宅構造

マイホーム,購入,計画

火災保険の安い構造とはどんな住居でしょうか。耐火構造での保険料の比較やツーバイフォー住宅の場合など火災保険の安い住宅構造の紹介とおすすめ火災保険の探し方
火災保険が安いのは、家の構造などが関係し、一般的には、木造住宅のほうが鉄筋コンクリート造や鉄骨造などよりも燃えやすいですし、火災にあった時の、被害が大きくなる可能性が高いと判断されて、保険料は、木造住宅のほうが、割高に設定されています。

耐火性に優れた住居であればあるほど、火災にあってしまった時の損害も、最小限に抑えられるため、壊れた物の修理や住居を復旧するための費用も少なくてすむので、コンクリートや鉄骨などのほうが、保険料が安く設定されているのです。

●耐火構造と保険料

火災保険が安い保険料では、計算する時には、住居の建っている地域という条件の他にも、「耐火構造」であったり、「準耐火構造」であるとか、木造であるというような構造区分に分けられて、「保険料率」が決められています。

これから家を建てるという人は、「耐火性の高い家にする」のはもちろんなのですが、それでも万が一のことを考え火災保険に入るのが一般的です。

住宅ローンもそうですが火災保険も維持費のひとつです。
建築費だけでなく相対的な費用を十分に検討した上でマイホーム建築しましょう。


●ツーバイフォー住宅の火災保険料はなぜ安い


火災保険が安い保険料は、住居のある地域によっても異なるのですが、同じエリアであっても、住宅本体によって変わってきます。住宅の構造や耐火性などの違いで、火災保険料は、高くなったり安くなったりするのです。


例えば、ツーバイフォー住宅の場合は、準耐火構造となり火の通り道となると考えられる床や壁の構造材などが、「ファイヤーストップ材」となり空気の流れを遮断し、火が燃え広がっていくのを食い止める仕様になっています。

その他にも、床根太や枠組材などが一定の間隔で配置されている、床や壁の内部構造は、防火区画が何個も作られているのと同じ状態なので、火の進行はさらに遅くなります。

このような「ファイヤーストップ構造」によって、ツーバイフォー住宅は初期で消火できる可能性が高く、火災時の被害を最小限に抑えるので、火災保険でも火災保険料率を下げ、結果火災保険が安くなります。

スポンサードリンク


●安い保険料

火災保険が安い保険料を考える時、火災保険料率の構造区分とは、A、B、C構造に分かれており、一般的には木造建築物は保険料率が、最も高いC構造として扱われています。ですが、1時間以上の耐火性能をもっているものはA等級の一番低い率に扱われ、鉄筋コンクリート造りと同等になります。また、耐火性能が45分以上の「準耐火構造」であればB構造になります。

鉄筋コンクリート造りの火災保険の保険料は、台風などの心配がない場合は、台風災害や雪災、ひょう災などの必要がないであろう災害を外すことにより、より保険料が安くなります。

火災保険が安いところを探すには、インターネットのランキングサイトや比較サイトなどで一括見積もりをしてみると、人気のあるおすすめの火災保険をみつけやすいです。