シックハウス症候群の原因と対策

スポンサードリンク

シックハウス症候群の原因と対策

マイホーム新築で悩ませるシックハウス症候群に対策とは?
住宅建材に含有する化学物質がシックハウスの原因となります。シックハウスの原因と換気や入居のタイミングで軽減させる対策方法についてまとめました。

●シックハウス症候群とは

シックハウス,症候群,原因,化学物質,換気,対策

シックハウス症候群の原因は色々とありますが、そもそもシックハウス症候群とは何かというと、新築やリフォームをした場合に起きる住宅が影響している何らかのアレルギー症状のことを言います。

今の住宅というのは気密性も高いですし高断熱が進んでいることから新しい建材が使われています。

これに化学物質が含まれているといわれているのですがそのことから部屋の中の空気が化学物質によって汚されて住んでいる人が何らかの症状が出てくるというものがシックハウス症候群と呼ばれるものです。

シックハウス症候群の原因は色々で発症する仕組みすらもまだ解明できていないようなこともあります。
また住宅にかかわらず学校などの施設の室内でも空気汚染が進んでいてシックハウスではなくてシックスクールもあるといわれています。

●シックハウス症候群の原因

シックハウス,症候群,原因,化学物質,換気,対策

シックハウス症候群の原因は新築したときやリフォームしたときだけではありません。建物に使った建材以外にも原因となるものは色々とあります。

たとえばカーテンもそうですし、カーペットや家具などが原因でシックハウス症候群になるというケースもあります。

ですから住宅の建物そのものが原因になっているという場合だけではないということがわかります。

カーテンやカーペット以外にも日用生活のものなどによっても化学物質が発生していればシックハウス症候群の原因につながります。

建物から出る化学物質としては、壁紙や接着剤、板や塗料から化学物質が発生して空気が汚染されてシックハウス症候群の原因になるケースもあります。

また家具からも化学物質は出ていますし、カーテンやカーペットなどからも出ています。場合によっては防虫剤からシックハウス症候群の原因が出ることもあります。
今の住宅は機密性がいいので、換気が不十分で換気不足になってシックハウス症候群になるということもあります。
 
今新しく建てられている家は24時間換気システムが作動していますがやはり従来建てられたものになると換気が不十分であることが原因とされています。
 
他にもダニやカビが発生しやすいような環境にある住宅はシックハウス症候群になりやすいとも言われています。
スポンサードリンク
シックハウス症候群の原因は人にも原因があり、最近はアレルギーになりやすい体質の人が多いとうことから起こるとも言われています。ストレスがたまったり心の病からシックハウス症候群になるという人も多いので一概に原因を追及することは難しいのです。

シックハウス症候群の対策

シックハウス症候群を防ぐための対策は原因によっても色々ですが、化学物質を使わないことが一番の対策です。
使わないものを選ぶとても難しいのですが、たとえば住宅の場合には化学物質を極力使っていないような家を探すということが対策として一番大きなことといえると思います。
ホルムアルデヒドがシックハウス症候群の原因として大きく注目されていましたが、これは壁紙を張る際に使っている接着剤です。

しかしシックハウス症候群になる可能性が高いことから最近の住宅はホルアルデヒドを使わない接着剤で建てられている住宅も増えていますしフローリングにも使用していたのですがこちらも不使用にするなど色々と対策は考えられています。

新築の家に入居するという人の場合には、完成してからすぐに入居しないということもシックハウス症候群対策の一つです。
なぜなら完成してすぐの状態というのはかなりホルムアルデヒドやトルエンの濃度が高いことが実験や研究で知られているのですが完成してから3か月もたてば空気中の濃度がかなり下がっていることがわかりますから、入居の時期を考えることもシックハウス症候群対策の一つにあげられると思います。
スポンサードリンク
そして入居後は、換気にも気をつけてこまめに空気がこもらないようにすることも大切な対策の方法です。
 
最近は24時間換気システムが付けられているので換気が行われているような環境に安っていますが、ホルムアルデヒドの濃度というのは湿度が高ければ高くなりますし、温度が高くなれば高くなるということも分かっていますから夏にシックハウス症候群にならないためにも特に夏の換気には十分注意した方がいいでしょう。
冬場も暖房をかけて室内の温度が上がれば濃度が濃くなるので1年を通じて換気はこまめに行うことがシックハウス症候群対策になります。

洋服を片付けるときに防虫剤を使うという人も多いと思いますが、防虫剤の量は必ず守りましょう。よくつかわれているパラジクロロベンゼンという成分は使用する量を減らしても、すぐに部屋の中の濃度が減りませんからこちらも身につけるものに化学物質が直接つく可能性もあるので十分に注意したうえで使うことが大切です。

こまめに換気をすることやシックハウス症候群の原因になるような化学物質を選ばないことが一番のポイントです。