トヨタホームについて(評価)

スポンサードリンク

トヨタホームについて

世界のトヨタのトヨタホームを評価してみました。自動車で培ったテクノロジーをふんだんに採用した住宅は評価は高い。アフター面も充実したトヨタホームについてまとめてみました。

トヨタホーム  ●トヨタホームの会社情報 正式名称:トヨタホーム株式会社 〒461-0001

 

愛知県名古屋市東区泉1丁目23番22号

 

0800 (500) 2448

 

創業:2003年に子会社として設立 (1975年:トヨタ自動車に住宅事業部を発足) 資本金:30億円(トヨタ自動車株式会社100%)

 

事業所:名古屋(本社)・東京・大阪・春日井・山梨・栃木

 

販売会社:仙台から福岡まで全国21ヶ所

 

「一口メモ」

 

世界のトヨタが自動車ではなく住宅業界に参入。世界一のモノ作り技術と絶対的な信頼性と保証体制は半端ない。

●トヨタホームについて

トヨタホームはその名の通り、自動車で有名なトヨタが住宅部門として最初は行っていたのですが、2003年にはこの自動車会社から独立をしてできた会社です。

 

自動車を販売しているトヨタの住宅部門として始まったのですが、それほどまだシェア自体は多くないといわれています。坪単価的には60万円から70万円位が相場となっています。

 

値段的には一般的な大手のハウスメーカーと同じくらいの坪単価です。

 

保障制度についても「60年保証」を詠い、かなり手厚い保証サービスを実施していますから安心して利用できるという実績があります。

 

たとえば他のハウスメーカーにはないのですが、24時間対応してくれるカスタマーサービスなどもあるのでこの評価については高いと言われています。

 

経営面からもあの世界のトヨタですので倒産の危険性は群を抜いて少ないと予想されます。これはアフター面を考えると大きい安心材料ですね。

 

トヨタホームでは、人生をごいっしょにというコンセプトを元にして、家を建てているのですが、ブランドビジョンの通り、人生の大半を過ごす家をしっかりと建てたいと思って大切に考えて満足する家を提供しています。

そして24時間対応のカスタマーサービスがあることでわかると思いますが、建てて終わり、販売して終わりではなくて、建ててからも家について、お客さんについてはずっと付き合っていくということを前提にしているという特徴があります。
 

 

総合的な評価としては安心したレベルや品質の家を建てていることで知られていますし、家の部品などは品質管理を自動車同様にしてかなり徹底してつくっていますから安心して建てられている家だと思います。

スポンサードリンク

トヨタブランドというだけで安心感があるという人も多いと思いますが、その通り、トヨタブランドですから安心して住むことができるのです。

 

トヨタホームは一部の地域が主体となって建てられているイメージがありますが、全国展開しているハウスメーカーです。

 

特に地元の愛知県ではかなり主力的に販売を行っていて、愛知県でのシェアはかなり高いと言われています。今も、トヨタホームは、首都圏での展開をもっと拡大させるために頑張っているといわれています。
トヨタホームの傘下にはミサワホームが入っています。ミサワホームが入っていることから、全国展開にもこれからもっと強くなるといわれていますから期待できるハウスメーカーの一つです。

 

●トヨタホームのアフターサービス・保証体制

トヨタホームの品質保証・アフターサービスは高耐久テクノロジーと、定期的な点検・適切なメンテナンスにより、最長60年の保証を実現。8項目により保証期間は異なります。
*「アトリスプラン 60年保証制度」の場合。
基本的に25年まで無料で定期点検を実施し、それ以上は有料点検になります。

 

.基礎

60年保証 傾斜、ひび割れ、欠損、破断の著しいものに対して保証。

 

構造体

60年保証 傾斜、ひび割れ、欠損、腐食、破断、変形・たわみの著しいものに対して保証。

 

外壁

60年保証 傾斜、ひび割れ、欠損、破断の著しいものに対して保証。

 

60年保証 傾斜、破断、変形、たわみ、振動の著しいものに対して保証。

 

屋根

60年保証 変形・たわみの著しいものに対して保証。

 

雨水の浸入防止部分

60年保証 屋内への雨漏り、雨漏りによる室内部材の汚損、仕上材のはがれの著しいものに対して保証。

 

虫害(シロアリ)

30年保証 ヤマトシロアリまたはイエシロアリの発生による蝕害、損傷に対して保証。

 

付帯設備

5年保証 製造メーカーや供給業者の定めによる不具合に対して保証。

 

住宅プラン

トヨタホームの住宅プランは大きく分けてシンセシリーズとエスパシオシリーズの2つになります。

 

シンセシリーズ
短工期で耐久性のあるユニット工法を採用しています。短納期の秘密は材料の約85%を工場で製造します。まさに自動車のテクノロジーの真髄がシンセシリーズは使われているわけです。
シンセシリーズに採用されている鉄骨ラーメン構造は高層ビルにも使われる技術を使っています。
シンセシリーズは9つのプランが用意されており、「ファミリー中心の生活」、「自然を意識した生活」などそれぞれのライフスタイルに合う提案ができるようになっています。

 

エスパシオシリーズ
トヨタ独自で開発した鉄骨軸組工法「EST工法」を採用した住宅です。
EST工法とはEvolutional System of TOYOTAの略で鉄骨軸組工法の信頼性と自由設計を掛け合わせた新しい工法。基礎から構造体まで一体として建物の耐久性、耐震性を向上させ、鉄骨の問題の錆という不安も自動車で培われたテクノロジーが使われております。

 

エスパシオシリーズは「ハイブリット外断熱工法」という省エネで四季を通じて寒暖の差を少なくし、結露やカビやダニの問題も抑制し、住み心地の良い空間を実現させています。
自由設計というコンセプトから敷地を無駄にせず、自由設計でも強度を確保するのが「EST工法」の真髄ではないでしょうか。

 

トヨタホーム公式HP

 

スポンサードリンク