マイホーム購入プロジェクト

スポンサードリンク

床暖房の価格

床,暖房,価格,費用,器具,種類

床暖房というと床だけ暖かいイメージ。しかし床が暖かいと部屋全体が暖まります。それもかなりの暖かさでストーブ、エアコンいらず。
私の友人宅も床暖房で非常に暖かく床暖房を侮ってました。

そして気になる床暖房の価格は設置面積や昼間電力タイプと深夜電力タイプという種類で導入費用やランニングコストが変わってきます。床暖房の価格が多少高くても深夜電力タイプで設置面積に区切れるものをおすすめします。

昼間電力タイプと深夜電力タイプ

床暖房をこれから設置しようと思っている人は価格が気になる人も多いと思います。
床暖房の価格でも、工事費用やそしてそのものの費用、それから実際に設置してからかかる費用など色々とありますよね。

まず床暖房というのは種類が色々とあって、昼間電力タイプと呼ばれるタイプではヒーターの熱をそのまま使うというタイプの床暖房です。

そして深夜電力タイプというものがありますが、こちらはヒーターで蓄熱材を温めてから熱を出すというもので、深夜電力の時間帯というのは電力コストが安いですから、夜中の安い電気代で熱を蓄熱させておいて昼間に使うというタイプです。
これなら昼間に比べると価格が抑えられるかもしれませんね。

また台所、居間、風呂場など各部屋ごとでスイッチを分けておけば不必要なところは暖めなくてもいいのでランニングコストも抑えられます。

電力供給も違いだけでなく暖め方式にも大きく分けて2つの種類があります。
一つはヒーター式ともう一つは温水式になります。温水式の場合、水の暖め方が電気、ガス、灯油といったエネルギーで暖めることになります。

床暖房の設置

床暖房の価格は石油ストーブやエアコンなどの暖房器具とは違っていて、利用する人のようとやその人の環境などによって設計することができますしからある意味オーダーメイドの暖房器具といってもいいと思います。
 
ですから、少し他の暖房器具に比べると高いというイメージもあると思いますし、実際値段を見てみると高いです。本体価格の他にも工事費用も必要になってきます。
 
オーダーメイドの暖房器具ですから、必要な場所に必要な分だけにしておけば床暖房の価格も抑えることができると思います。
スポンサードリンク
たとえば台所の足元が極端に冷えるというような場所の場合には台所の部分だけに設置すれば価格も抑えられます。

電気代を抑えたい人のためには抑えられるようなプランを提案したうえで床暖房を設置してくれる店舗などもありますから、床暖房を選ぶ場合には価格面だけで選ぶのではなくてどこで設置してもらうのかなどについても調べてみるといいと思います。

床暖房の価格

床暖房の価格は電気式なのか、それともガス温水式なのかによっても本体価格や公示価格は変わってきます。

スポンサードリンク


今とても低価格で工事も簡単にできる床暖房があるのですが、ヒーターパネルとユニット化しているものでゆかいーなという製品がありますが本体価格が6畳用で138000円でコントローラーが48000円です。

これは昼間に電力がかかるタイプで深夜電力でコストをさらに抑えたい人は最初の床暖房の本体価格はかなり高くなりますが8畳用で394600円というものもあります。

色々と床暖房の種類によっても価格は違ってきますし工事は施工会社によって違いますから比較してみるのが一番ではないでしょうか。どちらも比較したうえで工事してもらうとコストも価格も抑えて床暖房を設置できます。
床暖房メーカー
古川電工
床暖房 電気と温水の比較ができる古河電工

パナソニック電工
パナソニックの節約床暖房

三菱電機
温水床暖房システム「エコヌクール」

ダイキン工業
ヒートポンプ式温水床暖房システム