建ぺい率と容積率の計算

スポンサードリンク

建ぺい率と容積率の計算

建ぺい率と容積率の計算方法をご説明します。
マイホーム建築は建築基準法に定められる建ぺい率と容積率を超えて建築することはできません。
用途地域別の一覧表であなたの敷地の建ぺい率と容積率を計算できます。

 

建築基準法に定められている建ぺい率と容積率の一覧表

用途地域

建ぺい率

容積率

第1種低層住居専用地域

第2種低層住居専用地域

 

30%、40%、50%、60% 工業専用地域には住宅は建てられません。

50%、60%、80%、100%、150%、200%

第1種中高層住居専用地域

第2種中高層住居専用地域

30%、40%、50%、60%

100%、150%、200%、300%

第1種住居地域

第2種住居地域

 

準住居地域

 

50%、60%、80%

200%、300%、400%

商業地域

80%

200%、300%、400%、500%、600%、700%、800%、900%、1000%

近隣商業地域

80%

200%、300%、400%

工業地域

準工業地域

60%

200%、300%、400%

工業専用地域

30%、40%、50%、60%

200%、300%、400%

*建ぺい率が下記の場合、増加します。
・特定行政庁指定の角地、建ぺい率制限10%増加
・防火地域内の耐火建築物は、建ぺい率制限10%増加

 

建ぺい率,容積率,計算,建築,面積,床

●建ぺい率とは

建ぺい率とは建築基準法で敷地面積に対してどれくらいの建築物が建てられるか決まっており、その割合を建ぺい率と言います。

 

指定させれている用途地域によって建蔽率は変わってきます。

 

建ぺい率の計算は例えば100坪の敷地面積で建ぺい率が50%であれば建築面積は50坪までしか建てられません。

 

土地を購入する際にその土地の用途地域を調べれば建ぺい率は分かります。
建物を建てるにはこの建ぺい率と容積率を指定された範囲内に収める必要があります。

 

●建ぺい率の計算

マイホームを建てる場合、設計者が建ぺい率や容積率を計算するので一般の人が自分で建ぺい率の計算をするということはなかなかないと思うのですが、建築の基礎知識として覚えておいて損はありません。
建ぺい率には種類が色々とあります。建ぺい率の種類はグロス建ぺい率、セミグロス建ぺい率、ネット建ぺい率という種類があります。
グロス建ぺい率というのは敷地の面積に対してだけではなくて、道路の面積や公園の面積、空き地の面積などすべての地域全体の面積にたいして建物の建築面積の総合計が何パーセントを占めているのかということを表している建ぺい率のことをいいます。

 

このグロス建ぺい率の計算方法は、街路中心線の内側の面積が分母になり、そして分子が建物の床面積と建物の床面積を足した部分ということになります。そしてセミグロス建ぺい率とは、街区の中だけの建築の面積、そして延べ床面積の割合を表しているものになります。このセミグロス建ぺい率の計算方法としては、分母が区画の面積で、分子が建物Aの床面積と建物Bの床面積を足したものという計算になります。

 

そして次にネット建ぺい率と呼ばれるものがありますが、こちらは宅地になっている土地の部分の中だけを考えて建築面積、延べ床面積の割合を計算したもののことを言います。
ネット建ぺい率の計算方法ですが、区画内の宅地だけの面積が分母になり、建物Aの床面積と建物Bの床面積を足したもので計算します。

 

スポンサードリンク

建ぺい率の計算方法はこのように色々と種類によって違っています。建ぺい率というのは建築面積がその建物の敷地面積の何割にあるのかその割合をパーセントで計算したものをいいます。
 
では建築面積が70平方メートルの場合に敷地面積が200平方メートルの場合にはこれを計算すると建ぺい率は35パーセントであるという計算になります。

 

建ぺい率,容積率,計算,建築,面積,床

●容積率とは

容積率とは建築基準法で敷地面積に対してどれくらいの建築物が建てられるか決まっており、建物の総床面積の割合を容積率と言います。

 

商業地域などは容積率が大きいので狭い土地でも3階建ての総床面積の大きい家が建てられる訳ですね。

 

マイホーム建築の際は容積率と建ぺい率を計算して建てるわけですが、基本的に設計者が計算します。

 

●容積率の計算

容積率の計算方法ですが、容積率というのは延べ面積がその建物の敷地面積に対してどれくらいの割合になっているのかということを計算することをいいます。
敷地面積の何パーセントに延べ面積が当たるのか計算をしてパーセントで答えを出します。
たとえば、延べ面積が120平方メートルの場合で敷地面積が200平方メートルという場合には120÷200×100ということになって60という答えが出てきますから、容積率を計算した結果容積率は60パーセントということになります。

容積率を計算する場合には延べ面積がわかっていなければ計算することができません。
 
延べ面積というのはそれぞれの階の床面積を合計したものになります。計算方法というのは建築基準法で決められています。
 
床面積は、壁やその周りのシャッターや扉といた部分の中心の線で囲まれている部分の水平投影面積のことを表しています。

スポンサードリンク

それぞれの階の床面積を合計したものが延べ面積ということになります。延べ面積は容積率を計算する際に関係しているので出ていないという場合には容積率の計算の前に延べ面積の計算をすることになります。

 

例えば2階の床面積が72uで、1階の床面積が60uの場合で地階の床面積が81uといった場合にはすべてを足したものが213uということになって延べ面積は213uという結果になります。

 

延べ床面積が計算できれば、敷地面積がほとんどの場合はわかっていると思いますので、その敷地面積の何パーセントを占めているのかという計算ですから、延べ面積で敷地面積を割った数に100をかければ容積率が計算できます。
どれだけその建物の面積や敷地の面積を占めているのかということが容積率の計算になります。